Mission Accomplished 

1月20日の卒業式から少し時間が経ってしまったけれど、ついに!この時がやってきた!


修了証書を手にすることができました!

私のこれまでの人生の中で、これほどまでに大きな意味を持つ紙切れは初めてです。私の努力の結晶なので。

入学オファーを貰えた3校の中でレスターに決めた2年前の私が想像していたものを、何倍も上回る苦しみや大変さもあったけれど、それを上回る楽しさや喜び、そして成長のあった1年間でした。

これからどんな道を進もうと、どんな困難にぶち当たろうと、このイギリスでの1年間が私の心の支えになってくれると思います。

これから海外で学ぼうと思ってこのブログを覗いてくれたそこのあなた!絶対後悔しないから飛び込んでみてください。諦めないで頑張ってください。

そして留学中ずっと応援してくれたそこのあなた!本当に本当にありがとうございました。みんなの支えがなかったら本当に途中で投げ出していたかもしれません。いや、マジで。大好きです。

これがこのブログでのラスト投稿になります。

自分の記録と、友人への近況報告のためにと始めたこのブログですが、いまだに毎日アクセスがあって (特にビザ申請とか留学準備の記事) 少しでも留学を目指す誰かの役に立ててるのかな〜と思うと凄く嬉しかったです。

1年以上お付き合いいただき、ありがとうございましたー!!

Good bye may seem forever. Farewell is like the end, but in my heart is the memory and there you will always be. -by Walt Disney

卒業式

いつの間にか2017年に突入してしまいました。年が明けてから「去年の今頃は…」とよく思い出に浸っています。

さて、1月20日にレスターで卒業式が開催されました!私は残念ながら参加できなかったので日本からFacebookのライブ動画で、リアルタイムで見ていました。リアルタイムで海外の行事が見られるなんて、今の時代は本当に便利ですね〜。

(´-`).。oO(留学生がほとんどを占めてるレベルなのに、9月に全課程終了して年明けて1月に卒業式って、そりゃちょっと酷いんじゃないの?と思わないこともない(笑)すぐ飛んで行ける距離と値段じゃないんだから!)

ガウンを羽織り、あの帽子🎓を被った友人たちが名前を呼ばれて颯爽と歩いている姿を見るのは、一緒に学んだ仲間としてとても誇らしかったです。みんな素敵だった!

修了証書が私の手元に届くにはまだ少し時間が掛かるので、気長に待ちたいと思います(無事に届くことを願う…)

日本に帰国して早4ヶ月ほど経ちました。

少し歩けばコンビニが立ち並び、体調を崩せばすぐに専門医に診てもらえる病院があり、ゆっくり湯船に浸かれるお風呂があり、家族や友人と直接会って話すことができる環境…

日本では当たり前のことですが、イギリスにいた1年間はこれらが全てない環境にあったことを思うと、よく生き延びたなと思います(笑)

体調を崩しやすく、昔から病院とはお友達だった私が予防接種以外で一度も病院を利用せずに過ごせたことは、ぶっちゃけ1番の驚きです。甘えられない環境の中で、内面もかなり鍛えられたんだなと実感する今日この頃です。

不思議なもので、時が経つにつれ辛い記憶は薄れ、楽しかった記憶がより鮮明になっています。イギリスでの生活が、なんだか夢の中にいたような感じ。留学あるあるですかね?

何はともあれ、正式にレスター大学院博物館学部の卒業生の1人になりました。博物館界で活躍する多くの先輩方の中に加わったと考えると恐れ多いですが、身が引き締まります!

秋篠宮眞子さまの後輩という点でも、日本人としては自慢できます(学部も同じだし)

次回、修了証書が届いたらご報告の記事を書いてこのブログを終了しようと思っています。よかったら最後までお付き合いくださいませ〜

修了判定…結果は?!

修士論文の結果、そして全ての課題の成績が出てから数週間。遂にこの時がやってきました。

修士号の修了判定!

今回ばかりはいつもの添付メールでの通知ではなく、MyStudentRecordという個人のページで正式に通知がありました。

結果は…

Successful completion、修士号取得が決定しました!!!

これでようやく、正式にMaster of Arts in Museum Studies (博物館学修士号取得者) となりました。

イギリスでの生活を始めた同時期の9月末から、毎日のように「去年の今頃はあんなことしてたな〜」と思い返しています。ちょうど11月後半の今頃は、クリスマスマーケットやハリポタツアーなど楽しいことをやりながらも、課題の大変さとちょっとしたホームシックで落ち込んでたなぁ…

毎日1つずつ乗り越えながらも、ホントに出来るの私?!と不安を抱えていました。正直なところ、結果が分かった今朝までずっと不安は不安でした(笑)

もちろん学部時代も院に進学できるレベルの成績を維持できるように勉強したし、卒業論文も一応書いて卒業しました。が、学部時代は学位を取ることにもそこまで必死になっていなかったし、授業受けてれば大丈夫でしょ〜という感じでした。

でも修士は、言葉のハンデや経験値の差がある中で毎日必死で食らいついて、パニックになりながらも課題や修士論文を書いて、本当に良くやったなと思います。あんなに必死で頑張ったのはコレが初めてと言っても過言ではありません。

私が最後まで頑張れたのは、博物館学への熱意と沢山の人のサポートと応援のおかげです。みんなの励ましと支えがなかったら、進学までたどり着けなかったかもしれないし、途中で投げ出して帰って来ていたかも(笑)

私の人生の道筋は、大学2年の春に大きく軌道変更して、ようやく1つの目標を完遂しました。もちろん、ここで終わっては宝の持ち腐れです。

レスター進学で得た経験や人との縁、そして修士号を無駄にしないように、次の目標に向かって頑張って行きたいと思います。

Mission Accomplished!!