大学院留学のきっかけ

私がイギリスの大学院に進学することに決めたきっかけは、大学2年から受講した「博物館学芸員資格課程」での出来事でした。

私の出身大学には外語系には珍しく学芸員の資格課程があり、小さい頃から博物館が大好きで「博物館で働くっていいな〜」と思っていた私は迷わず受講しました。

その初回の授業で、とある教授から聞かされたのは「大学院を出て専門性を身に付けないと、学芸員として働くことは不可能に近い(専門性があっても狭き門)」という衝撃的な言葉でした(笑)初日から現実の厳しさを突きつけられたわけです。

はじめから凹んだ私でしたが、2限目の授業の担当の先生(女性)との出会いで新たな扉が開きました。その先生は私の学科の卒業生で、大学卒業後にイギリスの大学院へ進学したと言うのです。

イギリスと言えばかの有名な大英博物館やナショナルギャラリーなど数多くのMuseumがある国です。そして何を隠そうハリー・ポッターの大ファンである私にとっては憧れの地!

イギリスの大学院へ進学するということがいかに大変なことかなんてまだ知りもしなかった私ですが、この時からイギリスへの留学を考え始めました。この先生との出会いが私の人生を大きく変えたわけです。

人生何が起こるか分からない!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中