進路決定

私のモットーは
「最短の道が最善の道とは限らない」
です。

私はハリーポッターに憧れて小学5年生の時に英会話教室に通い始めてから大学まで、英語を中心に学んできました。
英語が好きだったのと、いつかイギリスに住みたい!という思いのみで続けてきた英語だけど、それをどうやって将来に活かせば良いのか全く分からないまま大学に進みました。

そんな中出会ったのが、学芸員資格課程であり博物館に関わる仕事に就きたいという夢でした。
小さい頃からあらゆる博物館に通い詰める、ピラミッドと恐竜オタクだった私(笑)まさか自分が関われるとは思ってもいませんでした。

博物館学芸員の資格は取れたものの、正直言って今の私には経験も知識も足りません。
大学で歴史や芸術を専門的に学んでいればもっとスムーズだったかもしれないし、もっと自信を持てたかもしれません。
でも英語を学んでいたことで、本場イギリスで学ぶという選択肢が生まれたと思いますし、今後、展示の英訳などにも役立つと思います。

高校生、大学生にとって進路はいつも付いて回るもので、先の事なんか分からないよー!と焦ることもあると思いますが、私みたいに20歳になって新たな道が拓けることもあります。

最短の道を選ぶことは決して悪いことではありません。でも、少し遠回りしてみるのもアリなんじゃないかなーと思います。

こういう人もいるんだなと思ってもらえたら本望です(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中