イギリスの医療事情

こんなものが届きました。

image

image

これはNHS(National Health Services) Medical Cardというもので、このカードに書かれている番号があれば、イギリスの国営病院での診察・治療が無料で受けられます。(ただし薬代は別。しかも高額)

ということで、イギリスの医療事情について書きたいと思います。

まずイギリスに来たら、地元の国営病院に登録して主治医を決めます。
そしてどこか具合が悪くなったら、風邪だろうが目が腫れていようが骨折だろうが必ず主治医に診てもらってからでないと治療が受けられません!

日本だったら風邪なら内科、骨折なら整形外科に直接行けば、専門医から最も適した治療をすぐ受けられますよね。でもイギリスは違います。
まず主治医に診てもらって、主治医の手に負えない場合は、主治医が専門医を紹介してくれて、ようやく治療となります。二度手間…

しかもこの国営病院、診察を受けるには必ずアポがいるのですが、タイミングが悪いと診察まで2週間以上待たされることもあります((( ゚д゚ ;)))
風邪なら待ってる間に治るし、逆に何か深刻な病気だったら手遅れになるわ!って感じですよね(笑)

もちろん私立の病院もあり、こちらは登録の必要なく、迅速に診察・治療してもらえます。私立なので設備も良く、看護師やスタッフの対応も良いそうです。
が、日本の病院と違い、診察・治療費は病院が勝手に決められるので、莫大な金額を請求されます!どひゃー!

日本のように気軽に病院に行けないのはとても心細くて怖い気もしますが、いざとなれば主治医に相談するか、私立病院を利用すればいいのです。
そのために、日本で海外留学保険に加入しておくことを強くオススメします。

私は近々、ACWYという髄膜炎の予防接種を受けなければならないらしいので、早速病院のお世話になりそうです。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中