持って行くもの

最近、留学準備関連の検索でこのブログを見て下さる方が増えているみたいなので、少しでもお役に立つべく、今日はイギリス留学に持って行くといいものについて書きます!

スーツケースで飛行機に持ち込める荷物の量は航空会社によって違いますが、大抵20㎏〜30㎏程度だと思います。1年留学するのに必要なもの…ぶっちゃけ全然入りません(笑)

でも生活必需品のほとんどはイギリスで買えます。1ポンドショップという日本でいう100均みたいな店もあります。
なので、日本でしか手に入れられないものを中心に準備しましょう!

①薬
イギリスの医療事情でも書きましたが、イギリスでは気軽に病院には行けないと思った方が良いので、日本で飲み慣れている薬を一通り準備した方が良いです。
もちろん風邪薬など一般的な薬はこちらのドラッグストアでも買えますが、海外の薬は日本とは成分や効き目が違う場合があるので、心配だな〜という方は日本の薬を多めに持って行くべし。

②電化製品
ドライヤーその他電化製品は当然こちらでも買えますが、高い!1ポンド180円〜190円なのでね、高価なものは日本から持って来るべし。

③衣類
とりあえず1週間程度着回せる量の服を持って来たら良いのではないでしょうか。インナーやTシャツなどはこちらで安く買えますし、特に女子はお買い物したくなると思うので(笑)季節にもよりますが、ダウンコートなど値段の高いものは持って来たら良いと思います。
※小柄で靴のサイズが小さい方(22㎝〜23㎝くらい)は、こちらでサイズの合う靴を見つけるのはなかなか難しいので注意!

④日本食
やっぱり恋しくなります、日本食(笑)
お米や醤油などは大型のスーパーなら置いてますし、アジアの食品を扱うスーパーなんかでは調味料やちょっとしたインスタント食品も買えますが、日本でよく見かける物はなかなかありません。
インスタント味噌汁やお茶漬けなどを持って行くと、たまに食べてホッとできるのでオススメです。
荷物に余裕のある方は、パックの白だしを1本持って行くと和食作るのが楽です。

⑤その他(あると便利なもの)
・ポケットティッシュ
→こちらのティッシュは値段が高い上に固いので、街で配ってるポケットティッシュを集めておいて持って行くべし。

・包丁
→こちらの包丁は切れ味が悪い!ドンキなどで売ってるセラミックの包丁で十分なので、持って行くべし。

・スリッパ
→寮生活だとキッチンや風呂が共同の場合が多いと思うので、多少濡れても大丈夫なゴム製のスリッパがあると便利です。

・筆記用具
→ルーズリーフやノート、ホッチキスや穴あけパンチなど、日本なら100円で買える物がこちらでは高いので、余裕があれば持って行くべし。

・日本語の本
→英語ばかり見ていると疲れるので、息抜きになる日本語の本や漫画を持って行くべし。

・収納
→100均で売ってるような、折り畳めてかさばらない布製の収納boxみたいなものや、壁や机のちょっとした角にフックを掛けてカバンなどを下げられるハンガーなどがあると便利です(写真参照)。
寮の部屋のクローゼットは狭いと思うので。

image image

あとは家族や友達の写真、お気に入りのポスターなど、癒しになる物ですね!これ、大事。

上にも書きましたが、イギリスの物価は高く、1ポンドが現在180円後半〜190円の間です。私はいつも1ポンド200円で計算して、買うべきか買わざるべきか考えています。
物価の違いを考慮しつつ、スーツケースの重さと相談しながら、持ち物を準備しましょう!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中