Museum in Oxford

先週に引き続き、2度目のStudy Tripへ行って来ました!場所はオックスフォードにあるThe Pitt Rivers Museum(PRM)とThe Ashmolean Museumです。

PRMの印象としてはとりあえずいろいろたくさん集めてみましたー!って感じ(笑)恐竜やあらゆる動物の標本が並んでいるかと思えば、世界中の国の芸術品などがショーケースにぎっしり詰め込まれていたり。 

    
    
   
インパクトは凄いしワクワクするけど、展示物の説明や背景などはほとんど書かれておらず、何かを学ぶということに適した場所ではなかったです。

一方Ashmoleanは、建物の外観から内装、展示の仕方まで、まさにThe博物館。パルテノン神殿のような建物の中に入ると、太い柱とギリシャ風の彫刻像たちが目に付きます。 

    
    
  
 こちらも世界各国の芸術品や歴史的価値のある品々を展示していますが、国ごとにきちんとエリアを分けて、きちんとした説明文付きで展示してあるので分かりやすかったです。

また保存や修復に関する展示もあり、より教育的な印象でした。(写真は手で触れることが、どれほど物に影響を与えるのかを体験できる装置)

 
時間が限られていたのでゆっくりとは見れませんでしたが、徒歩5分の距離にある2つの博物館を比較して展示方法について考えるのはとても面白かったです。

オックスフォードはレスターより街並みが何倍も素敵!個人的にまた訪れたいです。 

    
   

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中