ヒーター

イギリスの家庭、学校、会社などで一般的に使われているヒーターはRadiatorと言います。

   
 壁に引っ付いた形で設置されていて、この白い板の部分が熱くなり、部屋を暖めます。

これ、非常に便利なんです。

洗濯物や濡れた物をこの上に乗せておけば、あっという間に乾いちゃう!乾燥機いらない!

晴れてる日が少なく、晴れてても急に天気が崩れることなんて日常茶飯事で、洗濯物を外に干すなんてことがなかなか出来ないイギリスの生活スタイルに合ってるな〜と納得。

バスルームのRadiatorにはタオルを干す用の棒が付いているものまである!

  
しかーし!なぜか分からないけど、私の寮はこのRadiatorではなく、暖かい風が出てくる温風ヒーターなので、洗濯物を乾かすことができません…泣

しかも温風式だと部屋が乾燥する…

なので、出来るだけ着込んで、湯たんぽなどを使って、あまりヒーターを使わないようにして過ごしています。

Radiatorのあるところに移りたい今日この頃です(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中