建物

日本の英語の授業などで、

海外ではマンションとは言わずアパートメントって言うんだよ〜

と習うと思いますが、イギリスではフラットと言います。

フラットは、日本のマンションのように階にいくつも部屋があるタイプではなく、階には1つしか部屋がないものがほとんどです。

つまり、1フロアに1世帯というわけです。

また日本のマンションのようにエントランスはなく、フラットのメインドアを開けると階段があるだけです。

呼び鈴はメインドアの外側横に世帯分のボタンが並んでいて、自分の家の呼び鈴の横に名前を書いておく、という形になります。

そして建物の階数の表示も、日本やアメリカとは異なっています。

日本の1階は、イギリスではグランドフロア

日本の2階にあたる階がイギリスの1階、3階が2階…という風に、1つズレます。

なのでイギリスでホテルに泊まったり、フラットを借りる時などには注意しないといけません。

頭では理解しているつもりでも、慣れるまで混乱しますよ(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中