スペル

イギリス英語とアメリカ英語の違いは発音だけではありません。

単語のつづり、スペルにも大きな違いがあります。

たとえばCenterとかTheaterとか語尾がerで終わるアメリカ英語に対し、イギリス英語はCentre Theatreと語尾がreになります。

またFavoriteもFavouriteuが入るし、ProgramはProgrammemeが付くし、OrganizationはOrganisationとzがsになります。(でも発音はオーガナイーション)

この他にも微妙に違うスペルがたくさんあって、パッと見たときに「あれ、こう書くんだ」と思うことがあります。

日常生活には特に支障はありませんが、エッセイや論文を書くときには気を付けないといけません。

私の学部は、アメリカ英語でもイギリス英語でもつづりの形は問わないとなっていますが、だからと言って、1つの論文の中で二種類がごちゃ混ぜになってしまうとダメです。

日本で習う単語のつづりは基本的にアメリカ英語のものですが、イギリス人が書いた論文を参考文献として使うと当然つづりはイギリス英語だし、書いててどっちがどっちだか分からなくなることもあったり(笑)

私は論文はイギリス英語で書くと決めて、Wordの訂正機能もイギリス英語に設定しています。

発音も然りですが、アメリカ人とイギリス人は互いの英語についてからかい合うのが好きですね。互いに自分たちの英語が正しいと思ってるので面白いです。

アメリカの女の子たちはイギリス英語の発音に弱くてコロっといっちゃう、みたいな話をよく聞きますが、実際はどうなんですかね?

ちなみに私の周りのアメリカ人は特にそんなこともなさそうです^^;

最後にこの時期ならではの違いを1つ言うと、セーターのことをイギリス人はジャンパーと言います!

って、もはやスペル関係ないやーん

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中