Exhibition Opening 

5週間かけて創り上げた展覧会が、今日ついにお披露目となりました!

オープニングセレモニーが行われ、みんなでお祝いしました。クラスのみんなと集まるのも最後ということで、ワイン片手に盛り上がってたなぁ(笑)

以前からちょこちょこ書いてますが、私のチームの展示はこちら!

  
じゃーん!凄いだろー!笑

私たちのオブジェクトは”Tabua(タブア)”というマッコウクジラの歯でできた、フィジーの伝統的な品です。

金銭的な価値は一切ありませんが、フィジーでは何物にも代えがたい価値があり、お祝いの際や謝罪する際にタブアを差し出せば、それは最上級の気持ちが込もっている証となるそうです。

この展覧会全体のテーマは”Cultural Journey”

タブアについて語りたいことは山ほどあったのですが、私たちはタブアに関するストーリーに主軸を置き、背景のパネルも絵本の一場面をイメージしました。

またケースの横のロープで吊るされているタブアたちには、タブアにまつわる1つ1つ異なったストーリーが書かれています。

またタブアたちの1つにはQRコードが印字されていて、来館者がスマホのアプリで読み取ると、私たちが作ったウェブサイトに飛び、より踏み込んだタブアにまつわるストーリーを読める、という仕組みになっています。

サイトへはこちらからどうぞ!(英語のみ)Unbreakable Ties – Marriage, Murder, Tabua https://storiesofthetabua.wordpress.com/

パネルの印刷から全てを支給された150ポンドから出さなければならず、資金が足りずに泣く泣く諦めたアイディアもありました。

ですが、それはどのミュージアムでも起こっていることで、限られた予算、時間、設備でいかに来館者を惹きつける展示を作るか、というのが私たちの課題であり使命であると思います。

また、アメリカ、カナダ、中国、日本と国も文化も母国語も異なるメンバーで、時に衝突しながらも、最終的に素敵な展示を創り上げられたことは本当に嬉しいです。

あらゆる意味で、今回の展覧会造りは非常に意味のある経験だったなと感じています。

プロフェッショナルの一員として関わった初めての展覧会、今後の私の学芸員としてのキャリアの中でも特別なものになること間違いなし!

自分たちでやり遂げた達成感に浸りつつ、反省点はしっかり次に活かせるようにしたいです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中