バス

イギリスのバスといえばロンドンの赤いダブルデッカー(2階建バス)が有名ですね。

イギリスではどのバス会社にもたいてい普通のバスと2階建てのバスがあるようです。

私は散策しながら歩くのが好きで、割とどこまでも歩いて行ってしまうので、イギリスではロンドンでしかバスに乗ったことがありませんでした。

というのも、イギリスのローカルバスはなかなかtrickyで、乗るのを躊躇ってしまうんです(笑)

まず、停留所に人がいないと日本のバス以上の華麗なスルーを見せるので、自分が乗るバスが来た!と分かったら停留所の所に立ち手を横に出して運転手に合図しましょう。

1つのバス停に何種類もバスが通るので、乗る人がいるんだかいないんだか運転手さんが迷ってしまうので、ハッキリ自己主張した方が良いそうです。

イギリスのバスは、乗るときに代金を支払うシステムです。運転手さんに「〇〇まで行きたい」と伝えると、料金を教えてくれるので支払います。

ローカルバスにはシングルとリターンの二種類があり、シングルは片道ですが、リターンを買えば往復料金になり少しお得です。なので、最寄り駅から観光地まで行って駅まで戻る予定の人は、あらかじめリターンチケットを買って下さいね!

リターンチケットの場合は、料金を支払った後にもらうレシートにReturnと書かれているので、帰りの乗車時にそれを運転手さんに見せればOKです。

降りるときは日本と同じようにボタンを押して知らせます。

ただし!trickyなのはココ(笑)

イギリスのバスには、次の停留所の名前を知らせる表示もなければ、アナウンスさえないんです!!

地元の人や何度も訪れている人は、窓から見える景色をチェックし、自分の降りる停留所が近くなったらボタンを押します。

では観光客や初めて行く場所ではどうしたらいいのか?!方法は2つ。

  1. 乗車する際に、運転手さんに「〇〇で降りたいけど不安だから、停留所で合図してくれ」とお願いする。
  2. 携帯のGPSと地図アプリを使って、自分の位置を常に確認し、目的地に近づいたと思ったらボタンを押す。

まず1ですが、バスの運転手さんは基本的に親切らしいので、不安さをアピールして丁寧にお願いすれば親切に教えてくれるようです。

2もかなり有効です。GPSってすごいですね!でも最寄りのバス停かどうかは賭けなので若干不安があるかも?

ということで、上記のワザを両方とも使うことをお勧めします(笑)そうすればきっと降りられるはず!

私は面接のために訪れたコッツウォルズで初めてローカルバスを利用しました。行き先が有名な観光地でバス停に人がたくさん待っていたので、どちらの方法を使わずとも降りることができましたが、とりあえずGPSの方法は使いました。

1回乗ってしまえば、利用すること自体は大丈夫なんですけどね。停留所のアナウンスがないのが良くない(笑)

噂によると、新型のバスには停留所を知らせる電光掲示板が付いているタイプがあるそうですが、普及率はまだまだのようです。

困ったらとりあえず運転手さんに聞いてみる!これが鉄則ですね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中