ロビン

日本の国鳥はキジなんだそうです。鶴かと思ってたので意外な気がしましたが、そういえば確かに日本画などでもキジはよく描かれてますね。

イギリスの鳥といえばロビンです。国としての正式なものではないようですが、一般的には国鳥と認定されています。

このロビンとは、文学小説などでよく出てくるコマドリのことです。

  
胸のところが赤くて可愛いでしょ?(赤というよりはオレンジだけど)この写真はつい今しがた図書館に行く途中に出会って撮ったものです。

このロビン、イギリスでは12月末頃から6月くらいまで見られるそうですが、クリスマスの象徴でもあります。

クリスマスカードやクリスマスジャンパー(クリスマスに着るセーターのこと)、マグカップやお皿、クッキーの缶など、クリスマス時期に売られる商品は必ずと言っていいほどロビン柄です。

聞くところによると、ヨーロッパでは神の鳥と呼ばれるほど、幸せを運ぶ鳥として有名なんだとか。

私が今日出会った子もそうでしたが、とっても人懐こくて逃げなくて、とにかく可愛い!!笑

私にも幸せを運んでくれないかな〜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中