チップ

日本では全く馴染みがありませんが、イギリスはチップ文化です。

ファーストフード店やカフェ、パブでは要りませんが、席に座って店員さんがメニューを取りに来るタイプのレストランなどではチップを支払います。

イギリスでは、代金の10〜15%程度が目安と言われています。

メニューにすでにチップ代が上乗せされている場合や、請求書にService charge代が書いてある場合は、さらにチップを支払う必要はありません。

レストランでは、チップ代を上乗せした額を現金で支払うか、カード払いの場合は、チップ代を上乗せするという画面が出るので、そこで上乗せして支払います。

トレイに請求書と一緒にお釣りが返ってくることもありますが、それを残して店を出るかどうかは客の自由です。

ホテルなどで荷物を部屋まで運んでもらった場合や、何日か滞在する中で部屋を掃除してもらった場合には、1ポンドを渡すのがマナー。ですがホテルによってはチップ不要となってる場合もあるので、あらかじめチェックして下さい。

このチップはあくまで店員の接客に対するものなので、仮に料理が不味くても接客が良ければチップを支払わないといけません(笑)

でも逆に、接客態度が悪かったと感じれば、チップを支払う必要もないし、料金に含まれているService charge分を引いてもらうこともできます。

私、このチップがかなり苦手で(笑)数字に弱いのでね…まぁ少し多めに払っとけば良いかなという感じでいます。

店員さんはチップが欲しいので、ちょっと居心地が悪いくらいに親切にしてくれることが多いです。店員さんはチップが貰えて、客はサービスに満足する…Win-winですね!

日本でバイトしてた時、チップ制度を導入して欲しいと思ったものです…笑

日本人にはなかなか難しいチップですが、イギリスではチップが少ないからといって怒られることはないようなので、感謝の意を込めて気楽に払えば良いと思います〜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中