Would you mind?

日常生活の中でよく使う表現に

Would/Do you mind/care~?

というものがあります。WouldやDoを省略して使う場合もあります。

mind/careの後に動詞のingを付けることで〜してくれませんか?という依頼表現に

mind/careの後にif+動詞の過去形を付けることで〜してもいいですか?という許可を求める表現になります。

この表現を使うことで、Canを使った疑問系よりも丁寧で遠回しな聞き方になるので、よく使います。

ですがこれ、返答に注意しないと自分の意思とは真逆の意味に捉えられてしまうんです!

なぜならmindやcareには本来「気にする」という意味があるので、上記の表現も直訳すると〜したら気にしますか?という意味になるんです。

なのでYes=気にするNo=気にしないになります。

例えば Would you mind if I asked you something? (質問してもいい?)と聞かれた場面、日本人なら「いいよ!質問しちゃって!」という意味でYesと答えたくなりますよね?

でもここでYesと答えてしまうと、質問されたら気にする、つまり質問しないで欲しいという意味になってしまうんです。

もしWould you mind~? Do you mind~?と話しかけられたら、OKするときはNo、断るときはYesと答えることを頭に入れておきましょう。

シチュエーションによっては動詞を付けずとも伝わる場合があります。

例えば映画館などで席に座っているときに、椅子を指してWould you mind?と聞かれれば、ここに座ってもいいかと聞かれていることは明らかなので、No, please.などと答えればオッケー。

また観光地などでカメラやスマホを差し出してWould you mind?と話しかければ、写真を撮って欲しいんだなと分かってもらえます。

この表現は本当によく使いますし、丁寧な表現が身に付いている日本人にはもってこいの表現です。

英語における丁寧表現と言えますが、別に知らない人や目上の人にだけ使うというものではなく、友人間でもごく普通に使います。

答え方に注意して、ガンガン使っちゃいましょう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中