イギリスの歴史

イギリスに来てから、ハンプトンコート宮殿やケンジントン宮殿などロイヤルファミリーに纏わる場所に訪れる機会があったこともあって、イギリスの歴史に再度興味津々な今日この頃。(論文もやってます!笑)

日本人もイギリスの、特に王室関連の歴史好きな人って結構いますよね。

中でも人気なのは、

  • イギリス黄金期とも言われ、芸術や産業が花開き、ファッションの面でも煌びやかなドレスなど豪華なものが多いヴィクトリア朝
  • 強い女性君主の象徴エリザベス一世
  • 妻殺しや改宗も厭わず何度も再婚して、最後は体が腐るほどブクブク太って死んだ、悪名高いヘンリー八世

この辺かな?私の印象ですけど。

イギリスの歴史はとっても面白いんですが、戦争や国同士の同盟を結ぶための政略結婚など、他のヨーロッパの国々の歴史と密接に絡んでいるため、中学・高校の世界史レベルだと、ひとつひとつの時代や人物をしっかり学ぶのは難しいですよね。

サーッと進んでしまうし、王朝名や人の名前も多いし、全部カタカナだし、めちゃめちゃ混乱して、半ば諦めて暗記に走った記憶があります(笑)

もっとちゃんと知りたいな〜って時には、ひとつの時代や特定の人物に焦点を当てた歴史本やドラマが役に立つ!

ドラマや映画はどうしても誇張やフィクション要素が加わってしまう傾向にありますが、ベースには本来の史実がありますし、歴史を学ぶ取っ掛かりには良いと思います。

またドラマや映画の良い点は、日本人にはあまり馴染みのない人物に焦点を当てたものが多くあり、新しい知識を得るのにも役立つところですね。

  • ブーリン家の姉妹
  • エリザベス
  • ヴィクトリア女王 世紀の愛
  • 英国王のスピーチ
  • クィーン

この辺りは日本でも知られていると思いますが、面白かったです。

また最近話題で、私もハマっているドラマがREIGN/クィーン・メアリーTHE TUDORSヘンリー8世背徳の王冠。(公式サイトに飛びます) 両方ともチューダー朝の話です。

前者はイングランド統合前のスコットランド王国の女王メアリー・スチュアートの話で、後のフランス王、フランソワとの結婚前からストーリーが始まります。彼女はヘンリー7世の曾孫なので、メアリー女王(ブラッディーメアリー)の死後、エリザベス1世とイングランド王権を争った人物でもあります。

フィクション要素が強めというか、現代風にアレンジされているので史実と違う部分もあるのですが、流れ的にはきちんと歴史に則っています。

後者はタイトル通り、ヘンリー8世のスキャンダラスな人生を描いています。アン・ブーリンなど有名な人物もしっかり登場し、スケールも大きくて見応えがあります。

両者ともイングランドでいうチューダー朝が舞台で、REIGNの方はヘンリー8世の死後の話なので、両方を見ることで一連の流れが掴みやすいかなと思います。

個人的にどちらも凄く面白いので、オススメです!!GWにぜひ(笑)

またBBCのドキュメンタリー番組は詳しい歴史を知るのにはもってこいです。ぜひ!

ちなみに本日のレスター、雪降ってます。ありえない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中