Think carefully…

国内外問わず新しい土地に慣れるには、郷に入っては郷に従うのが手っ取り早いと個人的には思っています。

特に海外では、習慣とか生活スタイルとか現地の人に合わせてみるのも良い経験になるかもしれません。

ですが、自分が日本人で、日本に帰るんだってことをよーく頭に入れておくことは重要です。

海外に行って羽目を外しすぎちゃう人って結構いるみたいです。気持ちは分かります。でも留学中は良くても、日本に来てから自分が困ることになるのは避けたいですよね。

特に注意すべきなのがタトゥー

やはりこっちでは入れてる人が多いです。教育者や会社員でも、学生でも。それを見てるとファッションとして憧れる気持ちが出てくる気持ちは分かります。

でも日本では違います。もちろん違法ではないですが、タトゥーに対する考え方が違うので、就職や生活に支障が出てしまいますよねー。

知り合いから聞いた話ですが、とある日本人男子が留学中タトゥーを入れたくなって、真剣に検討してたそうです。でもウジウジしてる内に結局入れずに帰国したそうな。

その後彼が就職したのは大阪の役所。ご存知の通り、大阪はハシモトさんの政策で、役所の職員は刺青チェックを受けさせられ、見つかると辞めさせられるということになりましたよね。

もし留学中のテンションでタトゥーを入れていたら、検査で見つかって辞めさせられていたでしょう。思いとどまって命拾いをした訳です。

私のやりたい仕事には関係ないという人もいるでしょう。でも人生何が起こるか分かりません。思いもしなかった仕事のオファーが来て、タトゥーのせいでナシになってしまうことだってなくはないです。

またドラッグは基本的に違法ですが、海外の方が手に入りやすいと聞きますし、違反の基準も国や州によって違います。日本ではタブーのものが、留学先の国ではOKの場合もあるかもしれません。

さらにお酒のトラブルも要注意です。イギリス人はまーよく飲みます(笑)そういう文化ですし、アジア人とはアルコールに対する体の作りから違いますから。

飲みすぎて二日酔いになるくらいなら別に良いですが、酔って誰かとトラブルになって怪我をしたり怪我をさせたり、帰り道に財布を盗まれたり、変な人に声を掛けられて大変なことになる可能性もあります。

急性アルコール中毒なんかで運ばれるようなことになったら笑い話では済みませんよね。

違法であろうがなかろうが、結局は個人の自由です。でも自分の身を守るためにはどんな場合でも、体に害を及ぼすような危険なモノ、コトには手を出さないことが大事です。

羽目を外すのは「あん時はちょっと調子乗ったなー笑」と笑い話になる程度にしといた方が良さそうですね(笑)

ちなみに半年間での私の笑い話は、財布にお金を入れてると思い込んでスーパーに行き、レジに行って袋に全部詰めてからお金が全然入ってないことに気付いて、めちゃめちゃ恥ずかしい思いをしたことです。

酔った訳でもなんでもなく、ただボケっとしてただけですが(笑)ちゃんちゃん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中