Hiroshima

注:この記事はイギリスとは関係ありません。

Obama’s comment about visiting Hiroshima
今日は歴史的な日になりましたね。

米大統領オバマ氏が広島の原爆記念館を訪れました。現役の大統領が広島を訪れるのは初めて。実現まで実に70年掛かったことになります。

私は中学の修学旅行で長崎へ、大学2年の夏に弾丸一人旅で広島を訪れ、原爆記念館を見学しています。

私は小さい頃から、両親が戦争に関する映画とかアニメとかテレビ番組とかを積極的に見せてくれたり、記念館や資料館にも連れて行ってくれたおかげで、第一次世界大戦〜太平洋戦争の時代には知識が豊富で。

個人的にも、あらゆる角度から2つの世界大戦について研究というか、情報収集している変わったタイプの人間なんですが(笑)

やはりノーベル平和賞まで貰ったオバマ大統領には、口だけでなく行動で示して欲しいと思っていたので、今回の広島訪問は意味のあることではないかなと個人的には思っています。まぁ、第一歩ですね。

個人は置いといて、日本という国として、被害者意識だけを持つことは間違っていると思います。真珠湾攻撃をはじめ諸外国に対することだけでなく、自国の国民に対しても真実を伝えず、無謀な作戦で戦争を続けたんですから。

広島や長崎に原爆が落とされた後も、戦争中止に異を唱える軍人がたくさんいたという事実には本当に驚かされます。

しかし、どんな理由があったとしても、原爆を2度も使用した事実を正当化していいなんてことはあり得ません。

被爆者もどんどん高齢化していますが、70年経った今でも怪我や原爆症に苦しむ人が沢山います。

また私と同世代の被曝3世、さらに若い被曝4世の人たちの中にも、原爆が原因と見られる病気に苦しむ人がいるんです。なぜなら、原爆の放射線はDNAを傷付けてしまうから。

原爆投下当時の被害もそうですが、70年後のの現状についても世界の人には知ってもらいたいし、それを知ってもらうことで、現代の若い人にも原爆の恐ろしさを理解してもらえるのではないかなと私は思っています。

オバマ大統領には今回の広島訪問を平和への一歩として、これからも、例え大統領でなくなっても、原爆を減らし作らない未来に向けて活動していって欲しいと強く願います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中