EU離脱の弊害

先日イギリスが選挙でEUから離脱という結果になってしまいました。世界のニュースでも連日話題ですよね。

昨日レスター大学の学長さんから全学生にメッセージが届きました。冒頭部分を載せてみます。


このメッセージをざっくり言うと、

これまでEU圏からの留学生の受け入れに関して良い関係を築いてきたので、今回の選挙の結果はレスター大学にとって残念なことである。今後新たな国際関係造りをしていくことになるだろう。

というような感じでした。

留学生ビジネスという言葉があるくらい、イギリスの大学・大学院は海外からの留学生に頼ってる部分が非常に大きい印象です。授業料も、地元の学生に比べて留学生の授業料は信じられないほど高いんです。

このようなイギリスの大学の事情を知っていたので、EU離脱が決まったときに「大学にもかなり影響出るだろうなー」と思っていましたが、やはり大学側も慌てているようですね。

EU離脱ということは、今までよりヨーロッパ各国の留学生がイギリスに来るのが大変になるわけですから、これを機にヨーロッパからの留学生が減るとビジネス的にもよろしくないはずですからね〜どうなるんでしょうか。

またここ数日よく聞くのが、差別問題ですね。選挙結果が出てから、イギリスのあちこちで移民に対する差別的な行動が目立っているそうです。

元々問題になっていたイスラム圏の国からの移民だけでなく、ポーランドなどヨーロッパからの移民に対しても、酷い言葉で罵るなどのトラブルが頻発しているようです。

レスターでも「イスラムは出て行け」という落書きがされていたり、残念なことが起きていると聞きました。

もちろんこれは馬鹿な一部の人の行いであって、差別反対運動をしている人たちや、助けてくれる人たちも沢山います。みんながみんな移民に対して嫌なことをしてくるわけではありません。

ただ私たちアジア人は外見からすぐに外国人なのが分かってしまいますし、正直、街を歩くのが怖い気がしているのも確かです。

この選挙前から人種差別はありました。でもこの選挙結果によって、差別的な行動が許されるような雰囲気を出してしまっていて、それによって堂々とあからさまに行動する人が出てきているんじゃないかと思います。

選挙のやり直しを求める運動などがあったり、現キャメロン首相が辞任の意を示していたり、今後イギリスは大きく変わっていくと思います。

これからどうなっていくか分かりませんが、今後イギリス留学を考えている方は、より慎重によく考えることをオススメします。

広告

バースデーパーティー

イギリス人の友達のバースデーパーティーにお呼ばれしたので行ってきました!

お呼ばれと言っても家じゃなくて、カフェを貸し切ったTea partyでした。計20人くらいで賑やかでした!


どうですか?めっちゃブリティッシュでしょ?(笑)これで2人分です。

英国式アフタヌーンティーは、サンドウィッチ、スコーン、ケーキに紅茶という様式です。

とっても美味しかったし、久しぶりに同期と会えたのでテンション上がりました。みんな疲れた顔で「修論の進捗どうよ?」って会話を繰り広げていたのが残念でしたけど(笑)

こういうパーティーに呼んでもらえるような友人関係が築けただけでも、レスターに来た甲斐があったなとしみじみ思いました。

とりあえずみんな日本に来たいって言うので、うん、来たらいいと思う(笑)

修論ラストスパート頑張ろう〜

余談ですが、今回は地元の小さなアットホームなお店なので1人10ポンドでしたが、ロンドンなんかでアフタヌーンティーを楽しもうと思ったら40ポンドくらい平気でします(゚o゚;; (1ポンド150円くらい)

英国EUから離脱

まさかこんな事が起ころうとは思っていませんでした…

開票の結果、イギリスEUからの離脱が残留を上回りました。

先日のコックス議員殺害事件から残留派が増えていたし、私周りに離脱を支持するイギリス人は皆無だったので、大丈夫だろうと思っていたのですが…

この結果により経済はすでに大混乱、さらにスコットランドはイギリスからの独立に向けて動き出しています。

文字通りとんでもないことになりました。

前にも書いたように、離脱するということは経済的な問題だけでなく、移民に対しても大きな影響が出ます。

今後移民がイギリスで仕事をするということは非常に難しくなることは間違いないです。ワーホリもどうなるか分かりませんし、留学生の受け入れにも影響が出るかもしれません。

あと3ヶ月弱イギリスに滞在する私にどのような影響があるかは分かりませんが、今後イギリス留学を考えている方には大きな影響が出る可能性が高いです…

パスポート取得もさらに厳しくなるんじゃないかなぁ。

教科書に載るレベルの歴史瞬間になりました。今後イギリスがどうなっていくのか、見守るしかありませんね。