語学力

「英語話せてすごいですね。ご両親もペラペラなの?」と聞かれることが結構あります。声を大にして言いたい。

語学に親の語学力は全く関係ない!!

うちの両親は一切話せません。これ中学レベルだけど…というレベルの英語も分かりません(笑)

赤ちゃんが言葉を話せるようになるのに、親の学力や語学力が必要ですか?もちろん必要ありません。国語で赤点取っていたような人の子供でも、何の不自由もなく日本語で会話できるようになります。

それが第二言語であろうとも理屈は変わりません。本人が一生懸命勉強して特訓すれば、必ず話せるようになりますし、そこに親の語学力は関係ありません。

私が小5で英語を始めたのは完全に私の意志ですし、両親は「まぁ今からやっとけば中学生になった時に少し楽かもね」くらいの感じで英会話教室に行くのをOKしてくれました。

なのでまさかそれが、後に留学やら大学院進学に繋がるなんて夢にも思ってませんし、そういう風になってもらおうと思って習わせた訳でもないのであります。

もちろん英語の基礎や面白さを教えてくれた恩師や、いろいろな経験をさせてくれた両親には感謝ですが、私の英語力がここまでになったのは、私自身の努力の結果だと思っています。

ただ語学を学ぶ上でセンスはある程度必要かもしれません。

私が英語を続けてこれたのはこの人のおかげ!と言える英会話教室の恩師に、「あなたはリスニングのセンスがある」と言われたことがあります。

英語を始めた頃からなぜかリスニングで苦労したことはなく、試験でもほとんどいつも満点でした。

恩師が言うには、分からない単語が出てきても「え!その単語知らない!分からないどうしよう!」とその分からない単語にとらわれて、文章そのものも分からなくなってしまうのではなく

分からない単語はサッと流してとりあえず聞いて、前後の言葉や全体の流れから分からない単語の意味を推測または補って、文章を正しく理解するっていう事が自然に出来ている、とのことでした。

そういう風にしたらいいよって誰かに教わることなく自然に出来ていたので、センスがあるという言葉に繋がったようです。

もちろんこのセンス、語学をやっていけば誰しも身に着くものなはずですし、磨くことのできるものでもあるはずです。

また上記の他にもセンスや向いているものというのはあると思っていて、語学を勉強するそのものが苦手な人は、コツコツ反復練習の繰り返しが苦手なタイプで、そういう人は語学の勉強には向いてない傾向にあります。

言語によっても合う合わないがあるみたいです。英語は苦手だったけど、フランス語始めたらメキメキ状態した!っていうようなパターンも割とよく聞きます。

最初の話とだんだんズレてきましたが(笑)

つまり、語学の勉強には親の語学力は関係ないし、勉強ができるという意味での頭の良さもあんまり関係ないと思います。

自分の得意な分野、センスを見つけることと、1つの言語がダメでも他の言語を試してみることをオススメします!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中