お引っ越し

インターンが終わり、帰国まで1週間弱。最後にロンドンを満喫するべく引っ越し!

滞在先はどうしようかな〜ホテル高いな〜と思っていたんですが、レスターで同じクラスだった、アメリカはテキサス出身の女の子Kちゃんがルームシェアしようと誘ってくれました。

Kちゃんはロンドンでインターンをしていて、その期間中は別のクラスメイトの子とシェアしていたんですが、インターンが終わってその子が部屋を出ることに。

Kちゃんはまだ仕事が続くため、同じ部屋に1人で滞在する予定だったんですが、家賃が高いから私と折半できるなら助かるとのこと。

ロンドンのホテルは高いし、しかもちょうどKちゃんが家を引き払う日が私の帰国日でちょうどよかったので、商談成立!というわけなんです。

レスターからコッツウォルズへの引っ越しの際に入らないものを捨て、さらに今回は、あと数日で必要なものを最低限にしたので、だいぶ詰めるのは楽でした。

とは言え、やはり重い…腕が死ぬ…

ロンドンまでは高速バス、その後ヴィクトリア駅から電車に乗り継いでKちゃんの住む町まで行ったのですが、最後の最後で難関が!!

最寄駅がとっても小さくて、エレベーターもなくて、狭い階段を使うしかなかったんです…ガビーン!

とりあえず邪魔なので、電車から降りた他の人たちに先に降りてもらい、頑張ろうと格闘していたところ、小さめのスーツケースを2つ持った黒人のおじさんが。

私の格闘を見て、「俺が君の大きいスーツケース持つから、俺の小さくて軽い方のを持って」と言ってくれたんです!

ありがたや〜と心では感謝の涙を流しながら、おじさんとスーツケースを交換して降り始めたところ、さっき先に降りて行った男性がわざわざ戻ってきて「手伝おうか?」と…!

なんて素敵な人たちなんだ…とひたすら感激しました。本当に助かりました。ロンドンは都会だし怖いイメージちょっとあるけど、にも暖かい人っているんだなー。

というわけで、ようやく着きました。Kちゃんと彼氏さん、私が来るまで出掛けずに待っててくれてありがとう。

これが私の数日間の寝床!


壁がオレンジなんて、さすがロンドンだわ(笑)

本来は1人住まい用の部屋で、個室はKちゃんが使ってます。(ちなみにKちゃんの部屋の壁は明るいグリーン)

私が寝起きするのは実はリビングで、備え付けの折りたたみベッドを使わせてもらいます。でもリビングと廊下のところにドアいるし、Kちゃんは自分の部屋あるし、さながら私専用の広い個室のような感じです。

私たちのアパートは、ロンドン中心部からは少し離れたゾーン3にあって、ロンドン地下鉄が通ってないのでちょっと不便ではありますが、中心部で部屋借りるなんて家賃とんでもないのでね(笑)

ヴィクトリア駅まで15分くらいだし、not bad at allです。

ロンドンは以前かなり詰め込んだスケジュールでメジャーな所はザッと行ったので、今回は場所を絞って、時間を贅沢に使って博物館見学を主軸に観光したいと思ってます。

好きなことが勉強にもなるって最高ですね!

詳細は随時アップしていきますのでお楽しみに〜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中