ロンドン観光1日目⑶ロンドン博物館

そして最後に、本日の目当ての1つだったMuseum of Londonへ!

この博物館は時代ごとに展示を展開していて、主にロンドンの歴史を紹介しています。が、英国の首都ですからね、必然的にイギリスの歴史も語っています。

まずはロンドンがロンドンになる前…むしろ人類誕生前の遺跡からスタート。動物の骨など自然史系の展示物が沢山ありました。

分かりやすいなと思ったのは、水中に関する遺物の展示ケースには青色のライトを使って水を表現していたことです。


その後は歴史に沿って、人類の祖先の骨だとか石器だとか、またローマ人が来て文明を創っていった過程、イギリスが出来ていった過程などが続きます。

そしてイギリス誕生後は、戦争やロンドンの大火事などの辛い歴史も多く紹介されていました。


上)ロンドンの大火事を生き延びた石。下)歴史上1番最初のロンドンの地図。

中でも個人的に興味深かったのが、Plague (ペスト) =Black Death (黒死病)に関する歴史の紹介です。

ペストは14世紀に世界中で大流行し、特にヨーロッパで猛威を振るい、当時のヨーロッパ人口の3分の2、約3,000万人が亡くなったという恐ろしい大事件です。

さらにロンドンでは1665年に再流行し、7万人もの死者を出し、大学の閉鎖や学生の疎開なども行われました。

ロンドン博物館はこのペストに関して大きく取り上げていて、数分の映像でで流行の流れを紹介している他、他にもパネル解説や当時使われていた物を展示していました。

当時、ペスト流行の原因や治療方法など全く分かっていなかったため、教会などでは意味不明な儀式で治そうとしていたり、「ペストは臭い匂いと一緒にやってくる」というデマが広まったため、ラベンダーなど良い香りを身に付けていたなど、知らなかった市民のペストとの闘いの歴史を知ることができました。

またこの博物館の特徴は、精巧なジオラマや実物大の模型が多くあることです。

ヴィクトリア時代の街の通りを再現して、来館者が実際に歩き回って見学できるのには驚きました。規模がでかい。


まるで映画のセットみたいでした。こんな博物館が入場無料だなんて、恐れ入ります…

ロンドンには博物館が沢山あって、滞在時間の短い観光客にはロンドン博物館はあまりメジャーではないかもしれませんが、とっても楽しめるのでぜひ!

本日の観光、全て歩いて移動してます!乗り放題のトラベルカードあるんだし地下鉄でヒョイっと行けば楽ですが、歩ける距離に面白いものがいっぱいあるので…疲れますけどね(笑)

以上、1日目でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中