帰国後の難しさ

先日、留学フェアで私と同じようにイギリスの大学院に進学した方々とお会いして、帰国後のことや就職のことなどお話しました。

やはり海外の院だと、帰国の時期が6月頃か9月頃になり、日本の就活時期とはズレてしまいます。

イギリス滞在中から情報収集したりエントリーしたりする人もいますし、留学生を狙った現地で行われる企業説明会に参加して、イギリス滞在中に日本での就職先が決定する人もいます。

割とスムーズに決まるのはビジネス系や理数系の学部で学んだ人や、留学前に職歴がある方が多い印象です。即戦力で活躍できる強みがありますもんね。

一方、文系はなかなか難しく、苦戦する傾向にあります。これは現役で就活する学生にも言えることなので、やっぱりそうか〜という感じもあります。

私も留学を検討中だった頃に、日本で就職するつもりなら日本で学ぶ方がベター、とアドバイスを貰ったことがありました。日本にいれば求職などの情報も手に入りやすいですし、企業側にどういう学校で学んだのかということが伝わりやすいからです。

私も絶賛就活中の身ですが、私の場合は希望の職種が限定されていますし、博物館業界は万年就職氷河期。苦戦することは覚悟の上なので少し事情は違います。とはいえ!なかなか決まらないのは辛いものがあるのは事実です…泣

学芸員職は募集要項に修士以上とある場合も多いですが、この記述がない所へ面接に行くと、「文系でなぜ大学院へ?」と驚かれることもあります。

日本では全体的に、高学歴の人が苦労する傾向にあるみたいですし、特に海外の院となると、企業側にとってもハードルが上がってしまい、就活が上手くいかないリスクもあるかもしれません。

ですが、あらゆるリスクや辛いことを乗り越えて、海外で修士をやり切った強い意志を持つ人であれば、きっとみんな自分に合った場所を見つけることができるはず!

これから留学しようという人は、上記のような帰国後のリスクについても考えて決めて欲しいですし、留学を終えて就活を頑張っている人には、一緒に頑張ろうね!と言いたいです(笑)

とりあえず、私を含め私の周りの留学経験者は誰ひとり、留学を後悔している人はいないので、思い切って飛び込んじゃえば良いのではなかろうか。うん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中