留学フェア

まだ少し先ですが、10月21日(金)と22日(土)に東京でイギリス大学留学フェアがあります。

21日(金)は私も利用した留学斡旋会社SI-UK主催の留学フェアで、会場はベルサール飯田橋駅前16:30〜21:00。入退場自由&参加費無料です。

22日(土)はブリティッシュカウンシル主催。会場は秋葉原UDX GALLERYで、13:00〜18:00。こちらも入退場自由&参加費無料です。

どちらもイギリスから60校もの大学及び大学院が参加して、各学校ごとに個別ブースがあるので、気になる学校のブースに行って、大学関係者と直接会話して情報を得る貴重なチャンスです!

私も大学3年のときに利用して、志望校選びに役立てました。

不安なこと、疑問、気になることを用意して質問すれば答えて貰えますし、「思っていた感じと違うな〜」「全然考えてなかったけど、ここもアリだな」と気持ちが変わることもあるかもしれません。

また、どこの斡旋会社を利用しようか迷っている方は、それぞれの会社の無料カウンセリングを受けることも可能です。

まだ英語に自信のない方も大丈夫。当日は通訳が待機しているので、ヘルプしてもらうことができます。

実は私も、両日ともに通訳兼お手伝いで参加します。

参加して損は一つもないと思います。これからイギリス留学を考えている方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

※セミナーなど事前申し込みが必要なイベントもあるようなので、詳細は両斡旋会社のサイトを確認して下さいね!

広告

振り返り

帰国した今の気持ちを忘れないうちに、イギリス生活の振り返りをしてみたいと思います。

レスター大学院の振り返りは以前やったし、インターンで何をやったかは毎日欠かさず更新したので、全体的なことを振り返ってみます。

まず、ぶっちゃけ留学どうだったの?というざっくりなところでは、行って良かったという一言ですね。

まだ修士論文の結果も最終成績も出ておらず、就活も始まっていないので、私の将来にどういう影響が出るかという点では、まだ良いことも悪いことも起きてません(笑)

ですが、1年という期間を海外で、そして語学留学ではなくネイティヴと同じレベルで院の授業を受け、修士論文を書く…という経験は、私の今後の人生にマイナスになることは何一つないはず。

またコース全体で日本人が私ともう1人の2人しかおらず、他の日本人留学生との交流も基本的にほとんどなく、ネイティヴの友人と一緒にいたことで、英語のレベルは確実に伸びました。

どこに行っても「英語がとても上手だね」と言われましたし、英語が通じずに困った経験はなかったです。

定期的にある課題の論文や、とんでもない分量の「次の授業までに読んできて」の資料や本で、あまり得意ではなかったReadingとWritingのスピードと質は、留学前とは比べ物にならないほどレベルアップしました!でなきゃエッセイも論文も書けないですし。

また体力面でも強くなれたかなと思っています。実は体調を崩すことが多く病院がお友達の私ですが、1年間1度も病院のお世話にならずに過ごせたのは奇跡に近いです(予防注射は除く)。

精神面もかなり鍛えられましたね。日本にいると当たり前に出来ることが出来ない、家族にも友人にも会えない、耐え忍ぶ日々、そういう中で毎日過ごすことで、甘ったれた自分を叩き直されました(笑)

また改めて、私は人の縁に恵まれているなと痛感しました。本当にラッキーな事が沢山あり、レスターでもコッツウォルズでもロンドンでも、素晴らしい時間を過ごす事ができました!

確かに自分の頑張りや努力もありますが、支えて応援してくれた家族や友人の存在には感謝しても仕切れません。

家族、日本の友人、イギリスで出会った人たち、このブログを読んでくださった人たち、全ての人にありがとうと伝えたいです。

まずは修士論文の結果を待ちたいと思いますが、就職活動も始めていきます。当然バイトはしたことありますが、本格的な就職活動はやった事がないので未知の世界です。どうなることやら!

どんな未来になるにしろ、このイギリス1年間の経験を活かして頑張る所存であります。

今後もどうぞ、応援よろしくお願い致します!

祝☆丸1年

このブログをはじめてからちょうど1年だそうです!

確か地域の図書館の自習室でこのブログを開設したと記憶してます(笑)もう1年経ったんですね〜。

主に自分の記憶整理のためにイギリス留学までの道のり、そして留学中のアレコレを書いてきました。

このブログを閲覧するのは自分と、私の周りの知人たちくらいだろうと気楽に始めたんですが、閲覧履歴を見ると、検索にヒットしたことでわざわざ閲覧してくれた人の数もとっても多くて(特にVISA申請関連の記事)、少しでも誰かの役に立ったんだと思うと嬉しいです。

私の海外進学という名の冒険はまだ終わってないので、あとちょっとだけお付き合い下さいまし^^