語学留学&Pre-sessional

先日留学フェアでサポートした際に、とりあえず語学留学として留学したいという方や、英語が不安だからPre-sessional courseを利用して大学院に行きたいという方が多くいらっしゃいました。

Pre-sessional courseとは、非英語圏からイギリスの大学院に行く前に、別途お金を払って英語の授業を受けるシステムです。IELTSで必要スコアを取得できていない人や、IELTSはクリアしたけど、慣れるためにも前もって少し英語の授業を受けたいという人が参加できます。

語学留学にはいろいろなタイプがあるかと思いますが、基本的には大学院付属の語学学校でPre-sessional courseの学生に混ざって勉強する形になると思います。

留学を経験したことのない人の中には、とりあえず現地に行って授業を受ければすぐに英語力が上がると思っている人がいるようですが、それは大きな間違いです。

まず大前提として、語学学校には英語ができない人しかいません。

ヨーロッパの学生は英語が流暢な人が割と多いので、語学学校に来るのは中東やアジアの国々の学生ばかり。イギリス人の友達を作るのは意外と難しいです。接点があまりありませんからね。

授業はネイティヴがきっちり教えてくれますが、ただ授業を受けて課題をこなすだけであれば、日本の英会話教室と同じです。それにプラスαしてどれだけやれるのか。英語力の伸びはそこに掛かっています。

ただ英語力を伸ばしたいのであれば、私は正直、日本でも不都合はないと思っています。私自身、帰国子女でもなければ長期留学は今回のレスター大学院進学が初めてでしたが、Pre-sessional courseを利用することなくIELTSをクリアしました。語学の勉強は、自分の努力次第でどこでも可能です。

言葉がそれほどできなくても、みんな海外旅行で特に問題なく観光や買い物ができますよね。買い物や観光、ちょっとした交流くらいであれば、大した語学力がなくても出来てしまうものなんです。現地で生活していても、自ら努力しなければ、特にスピーキングは伸びません。

もちろん、現地で学ぶことにはメリットもあります。

その土地の文化や行事を体験できるし、うまくネイティヴの友人が出来て日常的に会話をすれば、おのずと英語力が上がってきます。

語学留学は、「外国に行けば出来るようになるっしょ〜」という軽い気持ちでなく、現地でも高いモチベーションで努力できる人に向いていると思います。

ちなみにPre-sessional courseですが、最初に書いた通り、IELTSスコアが足りていない人がPre-sessional courseで勉強して最終試験に合格すれば、そのまま大学院に上がれるという有難い救済システムです。

しかし、せっかく大学院に合格していて、学費や寮費もある程度払っていても、最終試験に合格できなければ、夢を諦めて帰国しなければなりません。

この「合格できなければ帰国」というプレッシャーは半端ではないと思います。これがプラスに働けば、頑張るぞ!と勉強に熱が入るかもしれませんが、例えプラス思考の人でもこのプレッシャーはしんどいかと…

またぶっちゃけ、Pre-sessional courseを無事に卒業したからといって、大学院の授業に対応できるほどの英語力が身に付いているかというと疑問です。

入学に必要なIELTSスコアは6.5や7.0ですが、実際の授業に付いていくには8.0以上のレベルが必要だと言われます。ですがPre-sessional courseの卒業レベルは入学最低基準のIELTSスコアに準ずるので、つまり6.5や7.0レベルということになります。

Pre-sessional courseを無事に卒業できたからといって、余裕があるとは限りません。

大学院の授業が始まる前に、2ヶ月くらい早く行ってPre-sessional courseで慣らしておく、というのは良いと思います(お金に余裕があれば)。

ですが、IELTSスコアが足りていないという理由でPre-sessional courseを利用する場合は、覚悟しておいた方が良いと思いますし、できることなら!日本で事前にクリアしておいて、更に上を目指して勉強する方が無難だと思います。

帰国後の難しさ

先日、留学フェアで私と同じようにイギリスの大学院に進学した方々とお会いして、帰国後のことや就職のことなどお話しました。

やはり海外の院だと、帰国の時期が6月頃か9月頃になり、日本の就活時期とはズレてしまいます。

イギリス滞在中から情報収集したりエントリーしたりする人もいますし、留学生を狙った現地で行われる企業説明会に参加して、イギリス滞在中に日本での就職先が決定する人もいます。

割とスムーズに決まるのはビジネス系や理数系の学部で学んだ人や、留学前に職歴がある方が多い印象です。即戦力で活躍できる強みがありますもんね。

一方、文系はなかなか難しく、苦戦する傾向にあります。これは現役で就活する学生にも言えることなので、やっぱりそうか〜という感じもあります。

私も留学を検討中だった頃に、日本で就職するつもりなら日本で学ぶ方がベター、とアドバイスを貰ったことがありました。日本にいれば求職などの情報も手に入りやすいですし、企業側にどういう学校で学んだのかということが伝わりやすいからです。

私も絶賛就活中の身ですが、私の場合は希望の職種が限定されていますし、博物館業界は万年就職氷河期。苦戦することは覚悟の上なので少し事情は違います。とはいえ!なかなか決まらないのは辛いものがあるのは事実です…泣

学芸員職は募集要項に修士以上とある場合も多いですが、この記述がない所へ面接に行くと、「文系でなぜ大学院へ?」と驚かれることもあります。

日本では全体的に、高学歴の人が苦労する傾向にあるみたいですし、特に海外の院となると、企業側にとってもハードルが上がってしまい、就活が上手くいかないリスクもあるかもしれません。

ですが、あらゆるリスクや辛いことを乗り越えて、海外で修士をやり切った強い意志を持つ人であれば、きっとみんな自分に合った場所を見つけることができるはず!

これから留学しようという人は、上記のような帰国後のリスクについても考えて決めて欲しいですし、留学を終えて就活を頑張っている人には、一緒に頑張ろうね!と言いたいです(笑)

とりあえず、私を含め私の周りの留学経験者は誰ひとり、留学を後悔している人はいないので、思い切って飛び込んじゃえば良いのではなかろうか。うん。

留学フェアのお手伝い

イギリス留学斡旋会社のSI-UKとブリティッシュカウンシル主催の留学フェアに、通訳サポートスタッフとして参加してきました。

来場した方々はイギリスで学部なり修士を取りたいっていう人たちなので、通訳を介さずに自分で質問する方が多かった印象です。

ただ英語である程度コミュニケーションが取れるということと、留学に必要な英語スキルというのはまたちょっと違うので、IELTSスコアの取得に不安を感じてる人が多かったですね〜。

あとはやはりGPAですね。日本の大学の成績はGPAじゃない場合が多いし、点数の出し方も学校によって違うので、「どうしたらいいんですか?!」ってめっちゃ聞かれました。

私の母校はGPA方式だったので苦労することもなく…恵まれてたんだなぁ(しみじみ

自分のところは%だけど、大学に問い合わせたらGPAに変換してくれたっていう話も聞くので、まずは母校に聞いてみた方がいいのかなと思います。

それと、英語力と熱意があってもGPAが低すぎると厳しいので、やっぱり真面目に授業出て勉強するべし!ですね。

2年前に同じような留学フェアで、大量の資料抱えて質問していた自分を思い出して、なんだか感慨深かったです(笑)ガツガツしてたなぁ。もう一回留学したくなってきた〜

通訳したり、留学経験者としてちょっとしたアドバイスをしたり、すごく楽しかったです。機会があれば是非また参加したいです。

フェアに参加されたみなさん、お疲れ様でしたー!